★慢性前立腺炎を完治させるために!★

お医者さんと一緒に戦おう!



※慢性前立腺炎と間違った戦い方を何年続けても、完治は難しいでしょう。このサイトは、泌尿器科医の治療を否定するものでも、サプリメントなどの民間療法を否定するものでもありません。両方から有益な部分を提供してもらい、慢性前立腺炎の患者さんが1日でも早く完治することを目的として作成されています。


1月23日にほんブログ村ランキング「男性の病気」部門1位になりました。本当にありがとうございます(^O^)今日は何位?クリックすると見れます↓
にほんブログ村 病気ブログ 男性の病気へ

なぜ闘病日記が必要なのか

残念なことですが慢性前立腺炎の闘病期間は非常に長く、中には何十年も闘病している方が少なくありません。

僕自身は、発病から1年3ヵ月で完治しましたし、それでも長く苦しい日々だったと思っていますが、先輩療養者の方から「よく1年3ヵ月で完治に漕ぎ着けたね」と誉めてもらえることが多いです。

長期間の戦いになる以上、闘病日記というか記録を書くことは非常に大切だと思います。記録に残すことで見えてくるものがあるからです。記録なので、メモ書き風で全然OKですし、僕の場合、3分あれば書き終われる内容です。

ちなみに記録していた内容は。

1発病から何日

2今日の症状

3今日食べた物

飲み始めて何日目かを記録していたのは。

4お薬

5サプリメント

※お薬は、毎日飲むメインの薬の種類が代わった日から記入するようにました。

例セルニルトン→エビプロスタット

※サプリメントは、特に症状が改善しなかった場合に、いつやめるかの目安にする為です。ちなみに僕は90日でした。なお、発疹が出たり、体温が下がったり等不快な症状がでた場合は、あなたの体質に合わない可能性がありますので、無理に飲み続けず、もったいなくとも中止しましょう。

これらを記録することで、自分の慢性前立腺炎が、どんな傾向があるのかがわかってきます。

なぜ闘病日記が必要なのか

枇杷(びわ)の葉温熱療法

管理人の自己紹介

Author:前立腺炎元患者

カテゴリ

全記事表示リンク

療養中役立った物

Amazonの…この店なら
すぐ買える!すぐ届く!
1位
キューサイ青汁 2位
テンホール円座

番外編
この特設サイトから楽天カードの申し込みすると楽天ポイントが5,000円分もらえます→楽天カード審査ガイド※楽天カードは年会費無料のクレジットカード