★慢性前立腺炎を完治させるために!★

お医者さんと一緒に戦おう!



※慢性前立腺炎と間違った戦い方を何年続けても、完治は難しいでしょう。このサイトは、泌尿器科医の治療を否定するものでも、サプリメントなどの民間療法を否定するものでもありません。両方から有益な部分を提供してもらい、慢性前立腺炎の患者さんが1日でも早く完治することを目的として作成されています。


1月23日にほんブログ村ランキング「男性の病気」部門1位になりました。本当にありがとうございます(^O^)今日は何位?クリックすると見れます↓
にほんブログ村 病気ブログ 男性の病気へ

ビタミンC

ビタミンCといえば、皮膚科に行って、肌あれの悩みを話すと大量に処方してくれることからもわかるように、一般的には美容・美白目的で飲んでいる方が多いようです。

ただ、慢性前立腺炎の患者さんがビタミンCを飲む場合の目的は、もちろん別にあります。というのは先ほどお話した亜鉛と、ビタミンCはオシドリ夫婦なんです。あわせてとることで、亜鉛の吸収率は上がり、吸収率が極めて低いという亜鉛の短所を、補えます。

そうそう、食べ合わせでも生牡蠣(亜鉛が豊富)食べる時にレモン(ビタミンCが豊富)をかけて食べるのは、理にかなっていることなんですね。

そういうわけで僕は一緒に摂取していました。

ここからは少し込み入った話になります。亜鉛にしろビタミンCにしろアメリカのサプリメントには1日1粒が多いです。理由は、毎食後飲むのは面倒くさいというアメリカ人の合理主義ゆえですが、その為にサプリメントも工夫されていて、例えばタイムリリースといってゆっくりと体内で吸収されるようにゆっくり溶けるなどの技術がもちいられています※Amazon参考⇒ビタミンC

が、僕は日本人ですし、1日1タブレットのサプリメントについては、1粒を半分に割って朝と晩に食事の後に飲んでいました。

1回の摂取で体が吸収できる量には限界があります。例えば食事を考えればわかります、朝食に1日分の食事を無理やり食べようとしても無理なようにです。まあ、これはサプリメント対する個人的なやり方ですが結びにあえて蛇足でつけさせていただきました。

0.サプリメントについて
1.ビーポーレン
2.亜鉛
3.ノコギリヤシ
4.ビタミンC
4.ビタミンC

療養中の参考書

管理人の自己紹介

前立腺炎元患者

Author:前立腺炎元患者

カテゴリ

全記事表示リンク

療養中役立った物

Amazonの…この店なら
すぐ買える!すぐ届く!
1位
テンホール円座

2位
キューサイ青汁 番外編
この特設サイトから楽天カードの申し込みすると楽天ポイントが5,000円分もらえます→楽天カード審査ガイド※楽天カードは年会費無料のクレジットカード