★慢性前立腺炎を完治させるために!★

お医者さんと一緒に戦おう!



※慢性前立腺炎と間違った戦い方を何年続けても、完治は難しいでしょう。このサイトは、泌尿器科医の治療を否定するものでも、サプリメントなどの民間療法を否定するものでもありません。両方から有益な部分を提供してもらい、慢性前立腺炎の患者さんが1日でも早く完治することを目的として作成されています。


1月23日にほんブログ村ランキング「男性の病気」部門1位になりました。本当にありがとうございます(^O^)今日は何位?クリックすると見れます↓
にほんブログ村 病気ブログ 男性の病気へ

病気になったことを喜ぶ

病気になったことを喜ぶ…タイトルを読んで、初めて僕のブログを読まれる方は「このブログの管理人ちょっと気がふれてるのか?」と思うかもしれません。

でも、しばらく僕のブログを読んでくださっている方は、僕の言いたいことがきっとわかってくださっていると思います。

例えば、慢性前立腺炎になって飲み友達が自分から遠ざかってしまったという患者さんがいました。

ご存知のように慢性前立腺炎は、長期闘病になることが珍しくありません。かといって本人以外には、この苦しみはわかりがたく、友達には単に、付き合いが悪いと思われたのかもしれません。

その患者さんは、かなり落ち込んでいましたが、僕は気になっていたことを1つうかがいました。

「病気になったことで、あなたの友人は全員離れていってしまったのですか?」

「…いえ、学生時代からの親友と、それから……彼女だけが残りました」

「そうですか。ではこの病気のおかげで、あなたを本当に大切に思っている人を知ることができたのですね。そして同時に、あなたがこれからの人生で、本当に大切にすべき人をも知ることができたのですね」

このように物事はすべて二面性をもっています。コインと同じです。あなたにマイナスに見えるとしたら、ひっくり返してみてください。するとプラスになります。

つまり、病気をプラスと考えるかマイナスと考えるかは、あなた自身の選択なのです。病気が必ずマイナスと決まっているものではないのです。このプラス、マイナスの選択権は、あなただけのものです。お医者さんでも干渉できないものです。

肉体的には確かに病気になったことによってマイナスが生じているかもしれません。しかし、そのマイナスを精神にまで侵攻させるかさせないかは、あなた自身の選択できまります。

この選択は人生の中で、進学や就職、ひょっとすると結婚よりも大切な選択かもしれません。日々起こる出来事をプラスととらえるかマイナスととらえるか。

この物事をプラスに選択するくせがついてくると、ちょっとだけ闘病が楽になりますね。

管理人の自己紹介

前立腺炎元患者

Author:前立腺炎元患者

カテゴリ

全記事表示リンク

療養中役立った物

Amazonの…この店なら
すぐ買える!すぐ届く!
1位
キューサイ青汁 2位
テンホール円座

番外編
この特設サイトから楽天カードの申し込みすると楽天ポイントが5,000円分もらえます→楽天カード審査ガイド※楽天カードは年会費無料のクレジットカード